つばさのまち川越


弊社、舞総合設計は、埼玉県川越市を拠点に建築設計・施工監理業務を営んでいます。
川越は、蔵造りの町並みのあるまちとして知られ、近年、一番街周辺の旧市街地は昔の面影を懐かしむ方々に愛される

まちとなりました。また、今年は、川越がNHK連続テレビ小説「つばさ」の舞台となったことで、より多くの方々が

観光に訪れるまちとなりました。

江戸時代の面影を残す一番街の上空からの写真です。平入りの瓦屋根が通りに面して連なっており、その敷地は、

狭い間口と深い奥行きとなっていることがよくわかります。また、神社仏閣が多いこともよくわかります。一番街

にあるヘアーサロン銀パリ&アンド本の店太陽堂さんは、弊社にて設計させていただきました。一番街へお越しの

際は、是非お立ち寄りください。

前田 勝之

カテゴリー 未分類 タグ .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です